知育絵本

しつけ絵本の口コミ・評判は!?しつけに役立つ人気おすすめ絵本16種類を紹介

しつけ絵本の口コミ・評判は!?しつけに役立つ人気おすすめ絵本16種類を紹介

子供のしつけは、親なら誰しもどうやっていこうか悩むもの。

言葉で伝えようにもなかなか伝えるのは、難しいですよね。

そんな時にしつけに関する絵本がおすすめ。

ハピコ
ハピコ
しつけに関する絵本ってどんなものがあるのかな?
知育ロボ
知育ロボ

しつけと一言でいってもたくさんあるよ!あいさつや着替え、歯磨きに寝かしつけなど子供に合わせて内容を選ぶといいよ。

子供のしつけ絵本は、種類が数多くあります。

子供に親しみの深い絵本から学べるおすすめのしつけ絵本を紹介します。

しつけ絵本の選び方

では、しつけ絵本は、どのようにして選ぶのがいいのでしょうか?

まずは、子供の年齢に合わせて選ぶようにします。

バイバイを覚えたくらいの子供は、あいさつなどの絵本がおすすめです。

また、身の回りのことが自分でできるようになった頃には、お着替えやお片付けの絵本がいいでしょう。

時期によっては、自分でできることをしなくなる時期がでてきます。

そんな時にも、しつけの絵本で行動を促すことは期待できるのです。

今の子供にとって必要なしつけ絵本を探してみましょう。

【あいさつのしつけ絵本①】ごあいさつあそび

いろいろな動物たちが、ゆうちゃんのお家に遊びに来ます。

ユニークなしかけで動物たちが「こんにちは」をしてくれます。

また、まだあいさつの習慣のない子供でも、しかけによって「こんにちは」と頭を下げる動作を覚えられるようになっているのです。

遊びながら徐々にあいさつを覚えられる絵本になっています。

ママの口コミ
ママの口コミ

昔からある絵本なので自分自身なじみ深いものだったので子供にも購入しようと思っていました。1歳になってもあいさつで頭を下げる動作ができなかった子供もこの絵本を見てペコっと下げられるようになりました。

【あいさつのしつけ絵本②】あいさつ(いもとようこ)

おはよう、こんにちは、いってきます、さようなら、ごめんなさいなど日常生活の中でかわすあいさつを可愛い動物たちがしていきます。

どんな時にどんな言葉を使うのかを学ぶことができます。

元気なあいさつはみんなを元気にしてくれると教えてくれる1冊。

あいさつのみの簡単な内容になっているので、赤ちゃんの時期から読んであげるのがおすすめです。

ママの口コミ
ママの口コミ

シンプルですが、雰囲気の優しい絵柄で親子共に楽しく読むことができました。どんな時でも必要なあいさつを早い時期から教えてあげられるので購入してよかったです。

【おきがえのしつけ絵本③】おきがえでんしゃ

電車に乗っているさまざまな動物たちが、電車に乗っているうちに「お着替え」ができてしまう電車好きな子供に人気の絵本。

小さな子供にも読み聞かせしやすいように、簡単な文章で構成されています。

絵本と一緒にお着替えをすれば動物たちと一緒に達成感を味わうことができます。

ママの口コミ
ママの口コミ

電車好きの子供にぴったりです。電車に乗って着替えをしていくという斬新な内容で子供は喜んでいます。実際の着替えでも電車に乗っている感じで着替えてくれるので楽になりました。

【おきがえのしつけ絵本④】パンツのはきかた

「はじめにかたあしいれるでしょ」とただパンツを履くという動作をユーモアに説明しています。

歌のような語呂のいいリズミカルな言葉で、読みやすくなっています。

こぶたの真剣な表情に思わずニッコリしてしまう絵本です。

オムツを卒業してパンツを履くというのは、子供の成長の証。

小さいこぶたちゃんの大きな成長を自分の子供に重ねて読んであげるといいかもしれませんね。

ママの口コミ
ママの口コミ

子供のトイレトレーニングを始めるときに購入しました。この絵本のこぶたちゃんを見てパンツに興味を持ってくれました。こぶたちゃんの歌を歌いながらパンツを履く我が子につい笑いがでてしまいます。

【おかたづけのしつけ絵本⑤】かたづけやさーい

「くるーり、ひらりん、えほんさんおうちにかえりましょう」とリズムのいい言葉でお片付けを楽しくさせてくれます。

お片付けが苦手な子供に楽しくお片付けができるような内容です。

毎日の習慣として必要なお片付けは子供にイヤイヤさせるよりも楽しくしてほしいもの。

楽しい言葉で子供の日々の片付けの習慣も遊びの一環にしてくれます。

ママの口コミ
ママの口コミ

題名からダジャレのような内容だったので気になって購入しました。絵本の中のみんなが楽しくお片付けをしているのを見て自らお片付けをするようになりました。このまま習慣化してくれるといいなと思います。

【おかたづけのしつけ絵本⑥】おもちゃの かたづけ できるかな

お片付けの苦手なひろきくんは、おもちゃをごちゃごちゃに片付けてしまいます。

詰め込まれたおもちゃたちは、喧嘩を始めてしまうのです。

どうすれば同じ仲間同士でまとめて片付けができるのか実践的に書かれています。

「まとめて仕舞いこめばお片付けできた」という年を過ぎた子供たちにおすすめの1冊です。

ママの口コミ
ママの口コミ

子供によく「片付けて!」と言っているので片付けが上手にできるように購入しました。しかし、これを読んで「片付けができない」のではなく「片付け方がわからない」のかもと思うように。どういう風に片付ければ綺麗になるのかを教えてくれる絵本でした。

【歯磨きのしつけ絵本⑦】はみがきあそび

木村祐一さんの人気のしかけ絵本。

可愛い動物たちがページをめくる度に上手に歯磨きをしていきます。

いぬやねこ、かいじゅうさんが楽しそうに歯磨きをする姿を見て、遊びながら歯磨きの習慣を身につけることができます。

「食べたら、歯を磨く」ということを言葉で教えるよりもこの絵本を通して教えてあげることで、より楽しく歯磨きができるように。

ママの口コミ
ママの口コミ

歯が生え始めた頃に購入しました。まだ口の中に何かを入れられることに慣れていない子でもこの絵本を真似して歯磨きをさせてくれました。子供もめくると動物たちが歯磨きをする仕掛けを楽しんでいます。

【歯磨きのしつけ絵本⑧】はみがきれっしゃしゅっぱつしんこう

「ぼくはみがきだいきらい」というたっくんの口元に「はみがきれっしゃ」がやってきます。

たっくんの口に「しゅっぱつしんこう」と歯磨きをしていきますが、「はみがきれっしゃ」の活躍でたっくんの歯は綺麗になるのでしょうか?

列車が歯磨きをしれくれるというユニークで豊かな発想が子供の歯磨きを楽しくしてくれます。

柔らかい絵のタッチで歯磨きの大切さを教えてくれます。

ママの口コミ
ママの口コミ

絵本ならではの面白い発想だと思い購入しました。歯磨き嫌いな子供には一度読んでもらいたい絵本です。特に男の子は喜んでくれそうだと思いました。

【寝かしつけのしつけ絵本⑨】いいこ ねんね

サルのお母さん、いぬのお父さん、ねこのお母さんも子供たちに「いいこねんね、いいこねんね」と優しく歌を歌います。

「ぼく」には、お母さんが歌を歌ってくれてすやすやと夢の中に。

歌を歌っているような文章で優しく語りかけるような1冊。

繰り返しがリズムが子供の眠気を誘ってくれるおやすみ絵本になっています。

ママの口コミ
ママの口コミ

表紙の寝顔が可愛くて購入しました。「いいこねんね」と子守唄のようで子供の寝かしつけに最適です。

【寝かしつけのしつけ絵本⑩】おつきさまこんばんは

赤ちゃんにとっては不思議な生き物のように見える夜空に浮かぶ「おつきさま」。

お月さまとお月さまを横切る雲がお話をするおやすみ絵本になっています。

簡単な内容ですが、お月さまと雲とのストーリー性のある絵本なので小さな子供にも読みやすくなっているのです。

お月さまの優しい表情に心の落ち着く1冊になります。

ママの口コミ
ママの口コミ

寝る前の絵本タイムに読むお気に入りの絵本です。絵本に出てくるお月さまを見て夜空に出ている本物の月にも興味を持つようになりました。ストーリー性もあり、親子で寝る前に楽しめる1冊です。

【トイレトレーニングのしつけ絵本⑪】ひとりでうんちできるかな

動物や女の子ががんばってトイレでがんばってうんちをします。

オムツからおまる、おまるからトイレと子供のトイレトレーニングへの手助けをしてくれるしかけ絵本。

また、動物によって違ううんちが出てきます。

うんち自体を隠すことなく描かれていて子供の排泄への興味を促してくれるのです。

しかけ絵本になっているので子供にはページをめくる度、どんなうんちが出てくるのか楽しさを与えてくれます。

ママの口コミ
ママの口コミ

なかなかリアルなうんちが出てきますが、それが子供にはウケたようです。トイレトレーニングを始めた頃はトイレに行きたがらなかった子供もこの絵本でトイレに興味を持って座るようになってくれました。

【トイレトレーニングのしつけ絵本⑫】といれ(新井洋行)

トイレでうんちができるかな?とトイレトレーニングをしている時には最大の難関です。

トイレトレーニングで誰もが当たる関門を明るく描いています。

面白い声の掛け合いがあり、楽しくトイレトレーニングの手助けをしてくれます。

横開きではなく、縦開きの絵本になっているので、絵本を読むだけでトイレの様子がよくわかる作りになっているのです。

トイレに行くのを嫌がってしまう年の子供におすすめの1冊になります。

ママの口コミ
ママの口コミ

トイレを可愛く描いているのでトイレを楽しい場所だと認識してくれるようになりました。トイレトレーニングを始める前から読んであげるのがおすすめです。

【食べ物の好き嫌いのしつけ絵本⑬】たべるのだいすき!―みんなげんき

「私たち」が生きていくために「食べる」ということがどれだけ大切なことかを教えてくれる絵本になります。

食べ物の栄養や働きによって、赤、黄色、緑、白に色分けをして普段食べているものが体の中でどのような働きをしているのかを学ぶことができます。

子供たちの元気の素はどこから来るのかを教えることで「食」への興味を促してくれる絵本です。

栄養素の働きを学び、バランスよく食べることの大切さを知り、子供への食育に繋がっていきます。

ママの口コミ
ママの口コミ

偏食の多い娘に少しでも食べられるようにと購入しました。今食べているものが体の中でどのように働いてくれるのかを知ることで食への興味が少しずつ沸くようになってきました。

【食べ物の好き嫌いのしつけ絵本⑭】おやさいとんとん

にんじん、じゃがいも、たまねぎ、ブロッコリーをトントンとまな板の上で切っていきます。

さて、何ができるかな?とワクワクさせてくれます。

文章も読みやすくシンプルに構成されているので、子供が聞いて真似しやすい音になっているのです。

見開きでまな板になっているので、「トントン」と絵本の上で切る真似っ子を楽しむこともできます。

ママの口コミ
ママの口コミ

野菜嫌いの子供に購入しました。最初から最後まで切る真似をしながら楽しく読むことができます。言葉がリズミカルな音になっているのでとても読みやすく感じました。

【イヤイヤ期のしつけ絵本⑮】いるよね~! こんな こ―イヤイヤ! ブブタの

「魔のイヤイヤ期」と呼ばれる時期のリアルなママの声を集めた育児のお悩み解決絵本。

前から読むと子供のイヤイヤ期のあるあるのお話がありますが、裏返して読むと実はイヤイヤ期の子供を褒めるシチュエーションが満載になっています。

「こんなことあるよね」と子供のイヤイヤ期を絵本を通して読むことでママが客観視することができるのです。

おまけでは、間違い探しや絵探しもあるので子供と一緒に楽しむことができます。

ママの口コミ
ママの口コミ

イヤイヤ期真っ盛りの時期に購入しました。この絵本を読むことで「自分だけじゃないんだ」「みんなもそうなんだ」と思えるように。裏返して読むことで手品のような感覚で別の絵本のような楽しみ方ができます。よくできた絵本だなと思います。

【イヤイヤ期のしつけ絵本⑯】いやだいやだ

ルルちゃんは、なんだかとても怒っています。

何でも手を広げて足を広げて「いやだいやだ」と言います。

すると「かあさんだっていやだっていうわ」と抱っこもしてもらえなくなり。

かあさんだけじゃなくて、美味しいおやつや大事なくまちゃんまで「いやだ」って言うようになってしまいます。

素朴な絵柄でダイレクトに子供のイヤイヤ期の表情が伝わってきて子供にもわかりやすく表現されているので、子供なりにイヤイヤ期を理解するようになるのです。

子供らしい「イヤイヤ期」につい笑みがこぼれてしまう作品になっています。

ママの口コミ
ママの口コミ

子供のイヤイヤ期にほとほと疲れ切っている時に購入しました。「ルルちゃん」の部分を子供の名前に変えて読むと、なんだか恥ずかしそうにして少しだけなんでも「いや!」というのが減った気がします。子供自身がイヤイヤ期を客観的に見れる絵本だと思います。

しつけ絵本の口コミ・評判は!?しつけに役立つ人気おすすめ絵本16種類を紹介まとめ

子供の読み聞かせ絵本には、さまざまなものがあります。

中には、しつけや生活習慣に役立つ絵本も。

もちろん絵本のみでしつけができるわけではありませんが、子供が成長していく過程で手助けをしてくれるものもあるのです。

子供に伝えたいことや理解してほしいことを、絵本を通して学ぶということはとても大切な事になります。

少しでも子供の成長の助けになるようなしつけ絵本を見つけてみて下さいね。

モンテッソーリ絵本の口コミ・評判は!?おすすめモンテッソーリ絵本23種類を紹介
モンテッソーリ絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめモンテッソーリ絵本23種類を紹介子供にはいろいろな絵本の読み聞かせをしてあげたいと思っているママも多いですよね。 モンテッソーリ教育においても絵本の読み聞かせは子...
ノンタン絵本シリーズ人気おすすめランキングTOP10!ノンタンの絵本の口コミ・評判は!?
ノンタン絵本シリーズ人気おすすめランキングTOP10!ノンタンの絵本の口コミ・評判は!?子供の読み聞かせで人気のシリーズの「ノンタン」。 ノンタンやノンタンの妹のタータン、たぬきさんなどの愉快な仲間たちのさまざまな日常...