知育絵本

桃太郎の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめももたろう絵本7種類を紹介

桃太郎の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめももたろう絵本7種類を紹介

昔々あるところに…で始まる昔話といえば「桃太郎」をイメージする方も多いのではないでしょうか?

昔話の定番である桃太郎には、さまざまな絵本があります。

ハピコ
ハピコ
桃太郎の絵本がたくさんあるのはわかるけど、内容って何か違うの?
知育ロボ
知育ロボ
大体のストーリーは変わらないけど、表現の仕方や絵の雰囲気で子供の感じ方が違ってくるんだ!

桃太郎のお話の内容はどんな絵本でも変わりませんが、擬音の多いものやストーリーを細かく書いたものとさまざまです。

今回は、そんな昔話の代表作「桃太郎」の絵本について紹介します。

桃太郎の絵本の選び方

では、数ある桃太郎の絵本の中からどんな基準で選ぶのがいいのでしょうか?

まずは、子供の年齢に合わせて選んであげるのがいいでしょう。

文章の書き方や表現方法など子供の年齢にあっているかを確認してください。

幼少期であれば、擬音が多く使われている絵本を選んであげると、読み聞かせの時に聞き入ってくれるはずです。

また、絵柄も重要になります。

桃太郎は、鬼退治に行くお話なので鬼が出てきます。

鬼の絵があまりにも怖い絵になっていると、怖がるかもしれないので一度どんな絵なのかを子供に見せてあげて、子供の反応を確かめてみましょう。

知育ロボ
知育ロボ

絵本の読み聞かせで大事なのは物語の内容を理解してもらうこと。

文章が難しかったり、絵が怖かったりで気が逸れてしまわないようにしてあげようね!

桃太郎絵本①ももたろう (はじめてのめいさくえほん)

物語の内容がわかりやすく、絵も可愛らしく書かれた幼い子供向けの「はじめてのめいさくえほんシリーズ」

1~2歳の子供でも内容が伝わるように要約されたストーリーに、小さな子供でも集中して聞くことができます。

柔らかい絵のタッチが人気の1冊です。

最後ページには、歌の歌詞もついているので初めてストーリー性のある絵本として購入してあげるのもいいかもしれませんね。

ママの口コミ
ママの口コミ

小さな子供に読んであげても最後まで飽きずに聞いてくれます。本自体もしっかりした紙でできているので小さな子供が少々乱暴に扱っても大丈夫でした。

桃太郎絵本②ももたろう (世界名作ファンタジー21)

絵が可愛らしく書かれた桃太郎のお話。

物語の内容も楽しい冒険物語として描かれていて桃太郎も魅力的に書かれています。

少しページ数があるので、幼稚園児くらいの年齢の子供におすすめの1冊になります。

価格も400円前後と比較的安価ですが、絵本自体の作りはしっかりしています。

サイズも大人が持ちやすいサイズになっているので、毎晩の読み聞かせにちょうどいい絵本です。

同じシリーズのさまざまな物語の絵本があるので、合わせて揃えていくのもいいかもしれませんね。

ママの口コミ
ママの口コミ

4歳の子供の夜の読み聞かせで購入しました。絵本の長さも飽きない程度になっているので、寝る前の習慣になりました。

桃太郎絵本③ももたろう (日本名作おはなし絵本)

味のある絵柄で描かれた日本名作おはなし絵本のももたろう。

個性的な絵で描かれた鬼は特徴があり、マネする子供も多いといわれるほど。

桃太郎は格好良く、動物たちは可愛く、鬼は牙の生えた特徴的な鬼に。

お話の内容を理解するのがまだ難しい時期でも、特徴的な絵なので絵だけを見て楽しむこともできます。

ママの口コミ
ママの口コミ

桃太郎はどれも同じように見えてしまうので、インパクトのある絵で選びました。案の定子供もハマったようで絵を見て楽しんでいましたが、毎日読むにつれて内容も理解できるようになりお気に入りの1冊になったようです。

桃太郎絵本④ももたろう (松谷みよ子むかしむかし)

作者の松谷みよ子さんの作品は、文章の書き方が面白くも美しい絵本です。

また、よく聞く桃太郎の話とは少し違いがあり、岡山県や兵庫県にあるお話で、食っちゃ寝の意外にもぐうたらな一面を見せる桃太郎の話になります。

動物も猿蟹合戦のメンバーやかちかち山のウサギも登場します。

オーソボックスな桃太郎の話を聞かせたことのある子供に、読んであげると新鮮で楽しめるかもしれませんね。

ママの口コミ
ママの口コミ

昔話の好きな娘に購入しました。私自身、普通の桃太郎の話しか知りませんでしたが、この桃太郎には他の絵本に出てくる動物たちが出てくるのでストーリープラスアルファで楽しむことができました。

桃太郎絵本⑤ももたろう―だれでも知っているあの有名な

誰もが知る桃太郎のお話を少し大人向けに描いた絵本になります。

桃から生まれた桃太郎が動物を連れて鬼退治に行く、というあらすじは違いありませんが、突っ込みどころ満載の作品になっています。

年少さんくらいの子供には少し理解するのが難しいかもしれませんが、年長さんや小学生くらいになると、視点も変わり楽しめる作品です。

ママの口コミ
ママの口コミ

本来の桃太郎はもちろん知ってはいますが、桃太郎のお話をこんな風に書かれているのに衝撃でした。むしろこちらが本来の桃太郎ではないかと思ったほどに。作品の最後に書かれた周りの助けがあってこその子供の成長という意味合いの文言に胸を撃たれました。

桃太郎絵本⑥ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)

表紙でも伝わるようにこの桃太郎は、力強く描かれています。

そんな絵と共に、昔ながらの真の桃太郎を楽しむことができます。

また、耳慣れない音の表現が多く新鮮な擬音を聞くことができるので、子供の耳にもいい刺激を与えてくれるのです。

リズムのいい文章で、きちんと作り込まれた起承転結になっています。

迫力のある絵柄と面白い表現方法で昔話の雰囲気を楽しむことができます。

ママの口コミ
ママの口コミ

自分が幼い頃に好きだった桃太郎のお話がこの絵本だったので、自分の子供にも同じ絵本を買いました。言葉の使い方がリズムカルで読み手にも聞き手にも耳馴染みのいい絵本です。

桃太郎絵本⑦桃太郎 (新・講談社の絵本)

桃太郎のストーリー自体は他の絵本と差はありませんが、美しく描かれた日本画の桃太郎は他のものとはけた違いです。

背景や桃太郎の持つ小物、動物など細部まで書き込まれたこの桃太郎は、大人が見ても楽しむことができる作品になっています。

子供用に作られた昔話も読みやすく聞き入れやすいかもしれませんが、幼いうちからこのような美しい絵本に触れさせることも大切なことと感じさせてくれます。

ママの口コミ
ママの口コミ

何よりもこの美しい絵に惹かれ購入しました。今の絵本はアニメのように描かれたものが多い中、貴重な絵本だと思います。絵本でありながら伝統的な日本画を子供に見せてあげることができているので満足しています。

桃太郎の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめももたろう絵本7種類を紹介のまとめ

昔話といえば桃太郎というほど有名なこのお話。

大筋の話はどの絵本も変わりませんが、表現方法や絵柄によって子供への伝わり方は大きく違ってきます。

子供にどんな風に読んであげたいのか、どんなものに触れさせたいのかを考え購入を検討するといいかもしれませんね。

また、子供の成長に合わせてさまざまな桃太郎の読み比べをしてみてもいいでしょう。

絵本の読み聞かせは親子の大切なコミュニケーションツールになります。

是非、有名なこの桃太郎のお話を今一度楽しんでみて下さいね。

犬の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ犬絵本10種類を紹介
犬の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ犬絵本10種類を紹介犬をペットとして家で飼っている家庭も多く、家族のような存在になっています。 そんな人の暮らしに密接した犬を題材とした絵本は数多くあ...
猫の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ猫絵本15種類を紹介
猫の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ猫絵本15種類を紹介自由気ままで少し冷たいイメージのある猫。 だけど、絵本に出てくる猫たちは可愛かったり、ドジだったり、勇敢だったりさまざまな猫が描か...
くだものの絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ果物絵本12種類を紹介
くだものの絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ果物絵本12種類を紹介リンゴにバナナ、イチゴにメロン。 くだものは、とても身近な食べ物ですよね。 離乳食期にも活躍してくれたくだものたちは、もちろ...