知育絵本

くだものの絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ果物絵本12種類を紹介

くだものの絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ果物絵本12種類を紹介

リンゴにバナナ、イチゴにメロン。

くだものは、とても身近な食べ物ですよね。

離乳食期にも活躍してくれたくだものたちは、もちろん子供にも人気の食べ物。

ハピコ
ハピコ
くだものって色鮮やかだし、形も大きさも色々あるよね。
知育ロボ
知育ロボ
そんな身近な食べ物である果物を主役とした絵本はたくさんあるよ。

果物の名前を覚えてもらうのにも役立つ果物がテーマの絵本。

そこで今回は、そんな果物たちが主役の絵本の選び方やおすすめをご紹介します。

くだものの絵本の選び方

くだものが題材になった絵本を選ぶ際には、くだものの絵が新鮮できれいに描かれているものがおすすめです。

まだ、本物を見たことのない場合でも、本物に近い絵を見ることでそのくだものに興味を持つことができます。

子供がくだものに興味を持つことでこれからの食育にも繋がります。

次に、くだものの絵の色が鮮やかなものがいいでしょう。

色鮮やかに描かれたものは、子供の視覚を刺激し好奇心を駆り立てます。

絵本に限らず子供には、色の鮮やかなものを見せてあげることが大切です。

くだもの絵本①くだもの

この絵本に出てくるくだものは、すべてが艶やかで写実的に描かれています。

初めは、くだものそのものの絵がそのまま描かれていて次にくだものを剥いた絵があり「さあどうぞ」と優しく語りかけてくれます。

今日はこれのおやつにしようか?など話しかけながら読んであげるといいかもしれませんね。

この絵本のおかげでくだものに興味を持つ子は少なくありません。

ママの口コミ
ママの口コミ
大好きなくだものがたくさん出てくるので子供はいつもわくわくした目で見ていました。まだ、食べたことのないくだものもこの絵本で目にしていたおかげか躊躇なく食べてくれました。写真にはないリアルさがこの絵本の良さだと感じています。

くだもの絵本②くだものだもの

「キウイうきうきうきわでおよぐ」などダジャレのような語呂が良くリズム感のある絵本になります。

しかし、ダジャレだけでなく夏を舞台としたストーリー性のあるお話になっているのでおしゃべりが上手になってきた時期におすすめです。

「くだものだもの」の絵は親しみやすい絵で表情豊かに書かれているので、絵を見ているだけ楽しくなります。

ママの口コミ
ママの口コミ

初めて読んであげた時からキャキャと声をあげて笑ってくれていました。語呂の良さが耳障りよく読み手も聞き手も楽しくなります。この絵本でくだものにも興味を持ってくれればと思います。

くだもの絵本③くだものさん

工作やワークショップなどの幅広い分野で活躍するツペラツペラの作品。

さすがといっていいほどのアートセンスでおしゃれに描かれています。

お顔や表情が大好きな子供が興味を引く仕掛け絵本になっているので、絵本にまだ興味を示さない子でも魅力的に感じることができるのです。

ダイナミックな仕掛けでユーモアあふれるこの絵本では、素朴なくだものの表情を読み取る楽しさを知れます。

ママの口コミ
ママの口コミ

見た目が原色で鮮やかな色使いで、仕掛けが楽しめる絵本になっています。仕掛けをめくる瞬間が好きなようで自分でめくるようになりました。ツペラツペラならではの楽しさがある絵本です。

くだもの絵本④くだものなんだ

次々に出てくるモノクロのシルエットが登場します。

子供の目には、どんなものに見えているのか質問しながら読むのがおすすめ。

子供ならではの答えと実際の答えに子供は、驚きと楽しさを感じることができます。

ページをめくる度に子供のワクワクは増していき、どんどん想像力が広がっていきます。

また、くだものの断面図をじっくり観察できるのも、この絵本の醍醐味になっているのでくだものの種や実などしっかりと観察させてあげましょう。

ママの口コミ
ママの口コミ

くだもの自体が出てくる絵本は多くありますが、くだものの断面をしっかりと見ることができるこの絵本は重宝しています。断面図を見てお花や花火などと答える子供を見ていると、想像力がよく働いているなーと感じます。

くだもの絵本⑤りんごです

「りんごです」

この一言で出てくるのは、もちろんりんごですが、絵本の中になるのは、りんごの芽やりんごの種。

毎回違う「りんご」が出てきます。

絵本の作り自体は、シンプルですがそのシンプルさが子供に伝わりやすく興味を引きます。

大人でも見たことのないようなりんごのさまざまな姿を知ることができるのです。

ママの口コミ
ママの口コミ

すごくシンプルな絵本なのに子供たちにはなぜか大うけ。毎回出てくる「りんごです」のセリフが気に入っているようでした。また、見たことのない色々なりんごの形を知ることができて勉強になりました。

くだもの絵本⑥りんご りんご りんご りんご りんご りんご

木から落ちたりんごが坂を転がり、りんごの大冒険が始まります。

りんごの転がっていく音を「りんごりんごりんごりんご…」と表現されています。

何ともいえないりんごの表情がこの絵本の面白さを駆り立てるのです。

ちょっとしたりんごの表情の変化にりんごの感情を読み取ることができます。

りんごの何ともいえない表情とリズムがくせになる1冊です。

ママの口コミ
ママの口コミ

テンポのいいリズムが聞き入りやすいのか2歳の娘はあっという間に覚えてしまいました。りんごの表情が少ないのが逆に面白いのかお気に入りの1冊になっています。

くだもの絵本⑦いちご

子供の好きなくだものの一つ「いちご」を花が咲き、実がなり赤く実るまでを描いています。

「いちごはどこにあるの?」「いちごあまくなったかな?」などの質問に「まだだよ」と答えてくれるいちご。

文字数自体は少ないながらも、色鮮やかに描かれたいちごは小さな子供でも十分楽しむことができます。

つい指でつまんで食べたくなってしまうようないちごが繊細に描かれています。

ママの口コミ
ママの口コミ

本物そっくりな絵にはびっくりしました。子供も絵本の絵を摘まむ真似をして食べて見せます。写実的な絵は子供にも伝わっっているんだなと感じました。

くだもの絵本⑧いちごだんめん図鑑

真っ赤ないちごを断面で見ることができる図鑑。

日本に出回る主な42種のいちごの産地や特徴、名前の由来などの豆知識を知ることができます。

生産者の話を聞き、さまざまな情報を取り入れた著者のいちご愛に溢れる1冊になります。

今までにないいちごにフォーカスを当てた斬新な絵本です。

ママの口コミ
ママの口コミ

離乳食期からいちごが大好きな子供に購入しました。同じいちごでも品種の違いでこんなにも差があるのかと大人の私でも驚きです。この図鑑のおかげでスーパーにあるいちごを品種で見分ける楽しみができました。

くだもの絵本⑨みかんオレンジ

赤ちゃんの大好きな顔がいっぱいのこの絵本。

みかんの可愛い顔が隠れたり、ジュースになったり。

赤ちゃんの目にも見やすい黒と白のコントラストの濃淡で描かれたこのシリーズは誰しも一度は目にしたことがあるはずです。

可愛らしく描かれたみかんのお顔に赤ちゃんも釘付けになります。

ママの口コミ
ママの口コミ

このシリーズの絵本は配色が綺麗でどれも外れがありません。色合いが赤ちゃんにもわかりやすくされているおけげか、まだ半年の赤ちゃんですが表紙を見ただけで喜んでくれます。

くだもの絵本⑩バナナです

「りんごです」の姉妹書になる「バナナです」

りんごです、同様まだ木になっている黄色いバナナやお店に置いてある黄色いバナナ、皮を剥かれたバナナなど色々なバナナの姿を知ることができます。

離乳食でも活躍しているバナナが絵本でも色々な状態を見せてくれて楽しませてくれます。

ママの口コミ
ママの口コミ

お店になるような黄色いバナナしか知らなかった子供にバナナの成長過程を知ってもらおうと購入しました。こうやってバナナって成長するんだなと子供なりに理解しているようなので、他のシリーズも購入しようと思います。

くだもの絵本⑪フルーツめしあがれ

本物と見間違うほど鮮やかできれいに描かれたこの絵本は、フルーツの香りが漂ってきそうなほどです。

普段はそんなに観察せずに食べてしまうくだものをじっくりと観察することができます。

くだものの甘酸っぱさや透明感、みずみずしさなど色々な感覚がたくさん詰まっています。

くだものを目で味わうことのできる絵本です。

ママの口コミ
ママの口コミ

とにかく絵が綺麗です。一瞬本物の写真かと思うほど綺麗に描かれたこの絵本は子供の目を奪います。ジューシーさが伝わる1冊でした。

くだもの絵本⑫ハンダのびっくりプレゼント

アフリカのケニアに住むルオ族の子どもがモデルとなっているこの絵本。

ハンダの頭に乗せてあるくだものを友達のアケヨにあげるのです。

美味しそうなくだものにばかりですが、アケヨが好きなのはどれなのかな?というほのぼのとしたお話になっています。

簡単なストーリーながらも起承転結のできた絵本になっているので小学生になった子どもでも楽しむことができます。

ママの口コミ
ママの口コミ

おすすめの絵本として紹介されていたので購入しました。幼稚園の子供ですが、内容がしっかりしているので聞き入ってくれました。色々あっても最後はきっとうまくいくよというメッセージ性が含まれている素敵な絵本です。

くだものの絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ果物絵本12種類を紹介まとめ

子供の身近な食べ物であるくだものを題材とした絵本。

身近であるからこそくだものに表情があったり、感情があると子供も感情移入しやすく絵本の世界に入り込んでいきます。

また、本物さながら写実的に描かれた絵本は、子供の視覚にいい刺激を与えてくれ、くだものに興味も示してくれます。

まだ、くだものが苦手な子供はこれらの絵本をきっかけに好きになってくれるかもしれません。

さまざまなくだものの絵本を読んで、見せて、くだものに興味を持ってくれるようになるといいですね。

猫の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ猫絵本15種類を紹介
猫の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ猫絵本15種類を紹介自由気ままで少し冷たいイメージのある猫。 だけど、絵本に出てくる猫たちは可愛かったり、ドジだったり、勇敢だったりさまざまな猫が描か...
犬の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ犬絵本10種類を紹介
犬の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめ犬絵本10種類を紹介犬をペットとして家で飼っている家庭も多く、家族のような存在になっています。 そんな人の暮らしに密接した犬を題材とした絵本は数多くあ...
桃太郎の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめももたろう絵本7種類を紹介
桃太郎の絵本の口コミ・評判は!?人気おすすめももたろう絵本7種類を紹介昔々あるところに…で始まる昔話といえば「桃太郎」をイメージする方も多いのではないでしょうか? 昔話の定番である桃太郎には、さまざま...